FC2ブログ

タラクカタル

無料心理テスト、星座占い、夢診断、爆笑体験談、言い間違い、記憶力お絵かき・イラスト、お気に入りの紹介など
タラクカタル TOP > スポンサー広告> ブログ・裏日記 > ウォルター少年と夏の休日|映画でもいかが?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウォルター少年と夏の休日|映画でもいかが?

響子よ。
札幌は、30℃を越すような暑さが落ち着いて、お盆で帰省したり、旅行したりとあわただしかった夏も、一段落。

こんな、週末の夜は、家でゆっくり映画をみるのも、いいわよ?

さて、私が今日紹介する映画は・・・
___________
■ウォルター少年と夏の休日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

<製作>
2003年/アメリカ

<キャスト>
ハーレイ・ジョエル・オスメント⇒ウォルター
ロバート・デュヴァル⇒ハブ・マッケーン
マイケル・ケイン⇒ガース・マッケーン

<監督・脚本>
ティム・マッキャンリース

<あらすじ>
いい年した老人2人が、飛行機に乗ってはしゃいでいるシーンから物語りは始まる。

そして、ある青年の家に1本の電話。
「ウォルター、悪い知らせだ。君の伯父さんが…」

そして、話は一気に、あの、夏の日へ。
ウォルターが14歳だった、人生を大きく変えた夏。
素晴らしくも、豪快で、破天荒な老人(大叔父)と初めて出会った夏へ。

はい、魚住です~

今日は、趣向を変えて、ここでうおちゃんに登場してもらって、話を進めて行きたいと思うわ

くしくも、この映画、こないだBSでやっててですね~、何も知らずに観たら、これがもう~面白くて~

翌朝、その話で2人盛り上がったのよね

魚住が、響子さんとフツーに盛り上がるって、珍しかったりしませんか~?

・・・そうかもね、いつもなんだかんだとつっかかってくるからね、あんた

それは、姉さんがつっこみ所満載だからですよ~

と、とにかく、映画の話よ、映画の

そうでした~
魚住は、あのジイさん達に惚れちまいましたね!

わかるわ、、、でも、観た事ない人にはわからないから、もうちょっと、詳しく説明してちょうだい

かしこまりました~
え~、男に頼ることでしか生きていけない母親を持つウォルター少年は、「ママはタイピングスクールに行かなくちゃならないから、これから、ウォルターは大叔父さんの家に行くのよ」って感じで、強引に、会った事も、話を聞いたことも無い家に預けられることになるんですよね~

設定としては、そう、珍しくは無いんだけどね

そうですよ、ガンコ爺さんと少年っていう設定も、けっこうあるような気が~

けど、この映画の面白いところは、その叔父さん兄弟が、ひとくせもふたくせもあって、とにかく豪快!
セールスマンをショットガンをぶっ放して追い返してしまうようなクレイジーじいさん達に、ウォルターは怯えるしかないんだけど・・・

でも、老人2人と、少年の生活が、うまいように咬み合い出すんですよね~
ショットガンをかまえるジイさんに、「商品を、みてみたら?」って忠告したり~

そうそう。
で、ある時、狩をするためだけに、ライオンを買うんだけど、それが、セコハンの年老いたライオンなのよ

あのライオンのストーリーには、魚住、不覚にも涙しそうになりましたぜ~

このライオンの存在が、ちょっとした伏線になっていて、映画の原題「Secondhand Lions」になっているのよね
観終わったら、原題の持つ意味にジーンとくるわよ

あと、魚住が面白かったのは、ウォルターに聞かせる、兄弟2人の過去の人生ですね~

百人力の猛者である兄、ハブの人生を、弟のガースが聞かせる話ね

そうですそうです~
荒唐無稽で面白くて、でも切なくて、魚住はもう1本別の映画にしたらどうかと思うほどでした~

けど、その話しがあまりにもドラマチックだから、本当なのか、作り話なのか、少年は後になってちょっとだけ、迷うのよね

そのあたりから、ラストまで、これまたしびれるんですよ~

私、最後にヘリコプターから降りてきた人を見て「まさか・・・」って1人で声に出して驚いたというか、喜んだわよ

うんうんうん~!!!
あのシーンはジーンと来ました~

ってことで、2人で進行したがゆえに、ストーリーと感想が入り混じった感じになっちゃって、わかりにくかった部分もあったかもしれないけれど、たまには、こんなのも、いいわよね

映画のコーナーの響子さんは、いたって真面目ってことがわかりました~

だから、あたしは別に、狙って何か失敗をやらかしてるわけじゃないのっ
基本、真面目なの!
いい加減、わかってよね!
[ 2011/08/19 15:24 ] ブログ・裏日記 | TB(0) | CM(1)
DVD、来週あたり借りたいと思います。感想が混じってるほうがどういうふうに楽しめるのかを知れるので良いと思いますよ。
 
話しは変わりますが、今さっきNHKの番組で「まんべくん」が出てました。
ありゃあもう…ファンになるのも仕方ないですね。行動や発言に何度笑った事か…
 
通訳?のKISSの一人みたいな人は謎でしたが、長万部町に行く機会があれば探してみたいと思います!
 
突然の変な宣言、失礼しました。
[ 2011/08/20 01:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

About us
タラクカタル

札幌のとある会社で繰り広げられる日常のひとコマ。

タラクカタルについて
事務局の愛用品
★パサつく髪の救世主!冬は特に必需品↓↓
真織は五島の椿油派だよぉ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSでタラクをチェック!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。